外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会が週内にも、「イスラム国」などの過激派組織の資金源遮断を目指す決議案を採決にかける見通しとなったことが9日、分かった。現時点で文案に異論は出ておらず、採択される公算が大きい。複数の安保理外交筋が明らかにした。人質解放のための身代金を支払わないことや、石油や文化財の密売による資金獲得の阻止を各国に求めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信