外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 富山県・神通川流域で発生した四大公害病の一つ「イタイイタイ病」で、国の基準で公害とは認められていない「カドミウム腎症」を発症した人に対し、原因企業の三井金属(東京)が1人60万円の一時金を支払うことで「神通川流域カドミウム被害団体連絡協議会」(被団協)と合意することが14日、関係者への取材で分かった。

共同通信