外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 トルコのメリチ駐日大使は30日までに共同通信の取材に応じ、トルコ政府がクーデター未遂事件の黒幕と断じている在米イスラム指導者ギュレン師について、イスラム法(シャリア)に基づく政教一致の「カリフ制国家」の樹立を狙っていると指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信