外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省四国運輸局は4日、現代版「ノアの箱舟」として全国で初めて開発を進めている「津波救命艇」の安全性試験を実施し、津波の衝撃に耐え、ひっくり返っても自然に元に戻る機能を確認したと発表した。救命艇は密閉型のシェルターとして、高台から遠い地域や、素早く移動できない高齢者、幼児らの利用を見込む。重機大手IHIに委託した試作艇を公開して民間企業の参入を促し、自治体などによる公園や校庭への配備を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信