外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 タンパク質やビタミンが豊富な「ハチの子」を生むスズメバチが減少しているとして、中部地方の愛好家らが女王バチの飼育などの保全活動に取り組んでいる。愛好家らでつくる全国地蜂連合会の今井久喜会長によると、通常、田んぼのあぜなどの土中に作られるスズメバチの巣の発見が、約10年前から困難になっている。毎年10個前後取れていた今井会長の地元、岐阜県東白川村でも、最近は数個しか取れないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信