外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の「核兵器禁止条約」制定交渉の会合で、ホワイト議長は3日、条約の最終草案を公表した。前文には「核兵器使用の被害者(ヒバクシャ)の受け入れ難い苦しみと被害に留意する」との文言が残り、条約に明記されることが確実になった。核兵器の使用や保有のほか、核抑止力を意味する「使用するとの威嚇」も禁止事項に含めた。会期末の7日に採択される公算が大きい。

共同通信