ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「マナティー星雲」見えた

 【ワシントン共同】水底に横たわる愛らしい水生哺乳類「マナティー」によく似た形の星雲を、米ニューメキシコ州にある大型電波望遠鏡群「VLA」で撮影したと米国立電波天文台が19日発表した。この星雲の中心部にある超新星の残骸には「W50」という味気ない正式名称がある。同天文台のチームは野生動物保護の願いも込めて「マナティー星雲」のニックネームを付けた。地球から約1万8千光年離れた超新星が爆発した名残。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。