外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌、北京共同】北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は1日、「地球観測衛星」を10日から22日の間に、北西部東倉里の「西海衛星発射場」から打ち上げるとの談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。失敗に終わった4月に続く事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験。南方向に発射するとしており、沖縄など南西諸島や周辺海域の上空を飛行する恐れがある。発射を強行すれば国連安保理の制裁決議に違反する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信