外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】10日の米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、米機密文書「国家情報評価(NIE)」は、中国が米経済の競争力を脅かす激しいハッカー攻撃を続けていると結論付けた。オバマ政権は被害が確認された場合の対抗措置として、対象国に対する公式な抗議、外交官追放、渡航や査証(ビザ)発給制限などの可能性を探っているという。他にロシア、イスラエル、フランスを挙げたが、中国ほどではないとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信