外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中の亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席は21日、共同通信と会見し、新疆ウイグル自治区の暴動後も中国当局による弾圧が続いているとした上で「平和解決のため中国側との対話実現に努力を続けたい」と述べた。ここ数年、下馬評に自身の名前が挙がるノーベル平和賞に今年はオバマ米大統領が決まったことには「ウイグル族に平和をもたらすことが私の最大の栄誉」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信