ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「中国に親しみ」最低の18%

 内閣府が24日発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じる」との回答が昨年の前回調査より8・3ポイント減の18・0%となり、1978年に同じ質問で聞き始めて以来、最低となった。韓国に「親しみを感じる」は前回比23・0ポイント減の39・2%で、99年以来上回っていた「親しみを感じない」(59・0%)より低くなった。尖閣諸島や竹島をめぐる対立が影を落としている実態が浮き彫りとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。