外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府が18日発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じる」とする回答が昨年の前回調査より18・5ポイント減の20・0%にとどまり、78年の調査開始以来、最低となった。「親しみを感じない」は19・3ポイント増の77・8%に上り、過去最高だった。調査は10月に実施。外務省は「9月の中国漁船衝突事件で日中間の緊張が高まり、国民感情に大きな影響を与えた」と分析。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信