ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「主将をしないなら降格」と顧問

 大阪市立桜宮高2年でバスケットボール部主将の男子生徒=当時(17)=が顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた後に自殺した問題で、自殺前日に顧問が「主将をしないなら(主力でない)Bチームになることもあるぞ」と、生徒に伝えていたことが11日、分かった。市教育委員会が母親から聞き取った。顧問が市教委の調査に「体罰は年数回していた」と話していることも判明。市教委は顧問とのやりとりを詳しく調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。