外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】南シナ海で哨戒活動を実施した米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンを軸に構成される第5空母打撃群の司令官、ジョン・アレクサンダー少将は6日までに、「米海軍は国際法に従い、西太平洋で航行や飛行、任務の遂行を1世紀以上実施してきた。今後も継続する」と指摘し、今回の活動の正当性を強調した。6月30日付の発表文で示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信