ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「何も期待せず」とハマス幹部

 【ガザ市共同】パレスチナ自治区ガザを支配するイスラム原理主義組織ハマスの幹部アハメド・ユーセフ氏は10日、オバマ米大統領のイスラエルとパレスチナ自治区訪問について「何も期待しない」と述べ、和平進展につながらないとの考えを示した。共同通信の取材に答えた。ユーセフ氏は「米国は常にイスラエル寄りで、パレスチナ人は米国の役割を頼りにしていない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。