外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地震で被害が出た熊本県の避難所に身を寄せた100人を対象に共同通信が実施したアンケートで、避難した理由を複数回答で聞いたところ、「余震が怖い」が47人となり、「自宅が壊れた」の38人を上回り最も多かった。最初の最大震度7の地震の後に「本震」が起きて被害が拡大、その後も揺れが続く今回の地震の特徴を示した。体や心の不調があると答えた人は過半数に上り、必要なものは「入浴環境」が34人と最も多かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信