外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第35回日本アカデミー賞の授賞式が2日、都内で開かれ、成島出監督の映画「八日目の蝉」が作品賞や監督賞など計10部門で最優秀賞を受賞した。「八日目の蝉」は、角田光代さんの同名小説が原作で、赤ん坊を誘拐した女の逃避行を描いた。主演女優賞は井上真央さん、助演女優賞は永作博美さんでいずれも同作品への出演で受賞した。主演男優賞は、昨年7月に死去した「大鹿村騒動記」の原田芳雄さん。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信