外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を巡り、「表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示したケナタッチ国連特別報告者に対し、政府が「指摘は全く当たらない」と反論する回答文書を送っていたことが11日、分かった。回答文書は8月21日、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に提出。外務省のホームページで公表している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信