外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は5日午前の閣議で、府省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」新設を柱とした公務員制度改革関連法案を決定した。審議官級以上の幹部約600人の人事を首相や官房長官が主導して決定し、府省庁の縦割りをなくして官邸主導の政権運営を強める狙いだ。

共同通信