外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】ベルギー東部リエージュで起きた無差別襲撃事件で、現場で自殺したノルディン・アムラニ容疑者(33)の弁護士は14日、事件当日に容疑者は新たに性的暴行の疑いで警察への出頭を求められており「刑務所に戻ることを恐れていた」と述べた。武器の不法所持などで服役し、仮釈放中だったアムラニ容疑者が、再収監への恐怖心から自暴自棄になり、無差別襲撃に及んだ可能性もありそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信