外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 16日の日本列島は冬型の気圧配置と強い寒気の影響で厳しい寒さに。気象庁によると、北海道北見市では16日朝の最低気温が氷点下21・7度と、この地点の12月としては観測史上最低を記録した。水戸市、福岡市、佐賀市、長崎市、大分市などで初雪を観測。下関と福岡は平年より3~5日遅かったが、水戸は13日、佐賀、長崎、大分は1~6日早い。気象庁によると、今回の寒気のピークは17日午前中にかけて。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信