外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル南部サンタカタリナ州に住む20歳の女性が自身の「処女」をインターネット上で競売に掛け、日本人男性を名乗る人物が24日、約6200万円で落札した。ネット上では「売春だ」「汚らわしい」などの批判が相次ぎ、議論を呼んでいる。地元メディアによると、女性は学生。性体験の前後で男女の内面がどう変化するかを描く豪ドキュメンタリー映画に応募し、9月中旬に競売を開始した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信