外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】東日本大震災後に三陸沖に派遣された米原子力空母の乗組員らが、東京電力福島第1原発事故の情報が正確に伝えられず、健康被害を受けたとして東電に損害賠償を求めた訴訟で、原告の元乗組員2人が11日、米ニューヨークで記者会見し「将来にわたり医療費を保証してほしい」と東電に対し訴えた。原告側弁護士は同日、原告数が115人を超えたと明らかにした。さらに増える見通しという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信