ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「千パーセントの安全」要求

 【ワシントン共同】飛行中の発煙による緊急着陸など、重大なトラブルが相次いでいるボーイング787について、ラフード米運輸長官は18日、記者団に「安全を千パーセント確認するまで飛行させることはない」と述べ、徹底的な安全対策が取られるまで飛行を認めない方針を強調した。米メディアが伝えた。長官は、バッテリーの調査が終わるまで飛行再開はできないとの認識を示した上で、再開のめどは現時点では言えないと述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。