【ワシントン共同】スペイン・マドリードの北朝鮮大使館が2月に襲撃された事件について、米紙ワシントン・ポストは15日、北朝鮮の金正恩体制打倒を訴える団体「千里馬民防衛」が関与していたと報じた。襲撃計画を知る関係者らの話としている。一部メディアが報じた、米中央情報局(CIA)との連携はなかったとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。