外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 薬物の不正売買の実態を報道した読売テレビの番組に取材協力した際、身元を隠すための声の加工処理がなく「報復で襲われ重傷を負った」として、大阪市の男性(51)らが同社に慰謝料など約6300万円の損害賠償を求める訴訟を8日、大阪地裁に起こした。訴状によると、生活保護受給者が医療制度を悪用して向精神薬を無料で入手、暴力団関係者と不正売買をしているとの疑惑の取材に匿名で協力。2日後に襲われて重傷を負った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信