外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】精神疾患への理解を深めて診療につなげるための啓発会議が3日、米ホワイトハウスで開かれた。オバマ大統領は「あなたは独りじゃない、周囲に支える人がいるよと伝えることが、精神疾患に苦しむ人の大きな助けになる」と強調した。一般社会や周囲の理解不足もあって、心の病に苦しむ米国人の40%未満しか診療を受けられていないのが現状。オバマ氏は「がんの治療だったらこんなことは考えられない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信