外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岡田克也外相と北沢俊美防衛相は29日午後、外務省で米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、ライス在日米軍司令官らと会談した。米側は岡田氏が模索する嘉手納基地との統合案について「軍事上の観点から難しい」との認識を伝えた。会談は岡田氏らの要請だが、外務、防衛の両閣僚が在日米軍から直接説明を受けるのは異例。関係筋によると、米側は「日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部への移設が最善の案だ」と主張した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信