外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ミスラタ共同】リビアの最高指導者だったカダフィ大佐の側近で、死亡直前まで一緒だった治安部隊幹部マンスール・ダオ氏が25日までにAP通信に対し、カダフィ氏が首都トリポリを8月に追われた後も「国民がまだ自分を愛していると信じていた」と証言した。西部ミスラタの拘束先で取材に応じたダオ氏によると、カダフィ氏はトリポリ陥落後に四男ムタシム氏や四十数人の側近と共に出身地の中部シルトに退避。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信