外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】パキスタンで女子教育の必要性を訴えてイスラム武装勢力に銃撃されたマララ・ユスフザイさん(16)が10日、米CNNテレビの番組収録に臨み「私はパキスタンの首相になりたい。子供が学校に行けるようにし、教育を向上させたい」と夢を語った。マララさんはノーベル平和賞の有力候補に挙げられており「受賞したとしたら、私の身に余る大変な名誉。(受賞者としての)責任も生じるでしょう」と話した。

共同通信