外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】カイロ近郊ギザにある古代エジプトのクフ王(紀元前2589~同2566年)のピラミッド付近で副葬品「第2の太陽の船」の発掘をしている吉村作治・早稲田大名誉教授(69)らのチームは20日、埋蔵現場の穴から木製の部材の採取を始めた。太陽の船は、王が死後の世界で移動するための手段として建造。吉村氏によると、部材を覆っていた石のふたにはクフ王の名のほか約1600の象形文字が刻まれている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信