外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が、専業主婦世帯などの所得税を軽減する配偶者控除を見直し、夫婦であれば妻の年収を問わず、夫の年収から一定額を差し引く「夫婦控除」の創設を検討していることが5日、分かった。現行の配偶者控除と違い、適用を受けるために働く時間を制限する必要がなくなる。

共同通信