外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外での鉱山落盤事故で、地下から救出されたことへの感謝の祈りをささげるミサが17日、事故現場のサンホセ鉱山で行われる。ミサには作業員33人の一部が参加。これを受けて、家族らが約70日間、待機したテント村「希望」は役目を終え、世界中が注目した「奇跡の生還」の舞台にも幕が引かれることになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信