外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バーミンガム共同】パキスタンで女子教育の権利を訴え、イスラム武装勢力に銃撃されたマララ・ユスフザイさん(16)が3日、居住地の英バーミンガムで市立図書館の開館式に出席し「世界に平和をもたらす唯一の方法は教育だと信じている」とあいさつした。マララさんは「バーミンガムは撃たれた私を救ってくれた第二の故郷。パキスタンでは限られた数の本しか読めなかったが、ここでは何冊もの本を読むことができる」と話した。

共同通信