外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 法政大大学院は9日、47都道府県ごとの平均寿命や出生率、犯罪発生件数など40の社会経済統計指標から「幸せ度」を調べ、順位を発表した。1位は福井。未婚率が低く、出生率が高いこと、障害者の雇用率が高く、犯罪が少ないなどが評価された。最下位は大阪。生活保護受給者が多く、治安の悪さが響いた。2位は自然に恵まれ趣味に費やす時間が長い富山、3位は弱者向け政策が行き届いている石川と、北陸勢が続いた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信