外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の公判が11日東京地裁であり、検察官役の指定弁護士が被告人質問を続行。元代表は、用立てた4億円に関し「現金を手元に置いておくことは以前からしていた」と述べた。指定弁護士は「億単位の金を事務所に保管することは想定しにくい」と指摘。元代表は「手元に置いておくことは、使い勝手や安全の意味で私どもの感覚」と説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信