外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪地裁堺支部で進行中の公務執行妨害事件の公判で、男性被告に殴られた被害者として証人尋問に出廷した大阪府警の警察官が、事件の経緯について「捜査段階時にうその説明をした」と証言し、当時虚偽の内容の調書も作成されていたことが9日、弁護側への取材で分かった。男性は覚せい剤取締法違反の疑いで堺署に勾留されていた昨年、留置場で警察官を殴ったとして逮捕され、同法違反のほか公務執行妨害などでも起訴された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信