外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪地検特捜部の押収資料改ざん事件で、証拠隠滅容疑で最高検に逮捕された検事前田恒彦容疑者が、検察側に不利な情報が記録された証拠品のフロッピーディスク(FD)の中身について「捜査で何とか解決できると思ったが、できなかった。上司に伝えられず、FDを手放したかった」と供述していることが10日、検察関係者への取材で分かった。最高検は11日に起訴。法務省は懲戒免職にする見通し。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信