外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中大兄皇子(天智天皇)の母斉明天皇らの墓と事実上、特定された国史跡・牽牛子塚古墳の隣で、同時期の古墳や石槨(石室)が見つかった、と明日香村教育委員会が9日、発表した。日本書紀は「斉明天皇墓の前に、中大兄皇子の娘大田皇女を埋葬した」と記していて、今回の発見と一致。大田皇女の石室とみられる。宮内庁は別の古墳を大田皇女の墓に指定、研究者から見直しを求める声が一層強まるのは確実。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信