ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「日本人といるな」と口論

 【ソウル共同】韓国南部、釜山の警察は13日、日本人と一緒にいることをとがめた50代の韓国人夫婦と殴り合いになったとして、在釜山日本総領事館の40代の韓国人職員とこの夫婦に対し、傷害などの容疑で取り調べた。聯合ニュースが報じた。警察によると、夫婦は11日深夜、釜山市内の飲食店の前で日本人領事と話をしていた職員に「なぜ韓国人が日本人と一緒にいるのか」と言いがかりをつけ、口論となった職員と夫が互いに1回ずつ殴った疑い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。