外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【オロンガポ共同】「日本人と共に爆弾を首に巻かれ『人間の盾』にされた」―。アルジェリア人質事件で、被害者となった建設プラント大手、日揮のフィリピン人男性は10日、日本人らと一緒に拘束された際の恐怖の体験を詳細に語った。証言したのは、現場監督のルーベン・アンドラーダさん(49)。アルジェリア軍の急襲作戦で負った銃弾の傷が右ひじに残る。フィリピンの自宅で共同通信の単独会見に応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信