外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 脱原発を掲げる新党「日本未来の党」が28日、東京都選挙管理委員会を通じ、総務相に設立届を提出した。代表に就任した滋賀県の嘉田由紀子知事は大津市で「大変重い責任がある。身を引き締めている」と記者団に語った。代表代行に就任した環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏は、前衆院議員と参院議員計約70人が合流の意向を示していることを記者団に明らかにした。12月2日に衆院選公認候補と公約を発表する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信