外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 若い年齢で卵巣が機能しなくなる「早発閉経」の37歳の女性が、ホルモン剤の投与で卵子を発育させる新しい不妊治療を聖マリアンナ医大で受け、今月中旬、約2900グラムの男の子を出産した。早発閉経は40歳未満の女性の1%程度が発症するといい、この女性は20代で早発閉経と診断された。石塚文平教授(不妊内分泌学)は「計画的に卵を育て出産に至った例はなく、治療の有効性を示すものだ」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信