外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】小麦畑に囲まれたオーストリア・ウィーンの北約40キロの小村、グロースムグル村が、世界有数の見事な星空を観察できる場所として世界遺産入りを目指している。道のりは容易ではないが、盆地状の地形が周辺の都市の明かりを遮断し、満天に星を浮かび上がらせる「奇跡のような場所」(オーストリアの天文学者)を守る運動が始まった。村の人口は約1500人。条件が良ければ最多5千個の星を観察できる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信