外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モンロビア共同】今年のノーベル平和賞受賞が決まったリベリアの女性平和活動家リーマ・ボウイーさん(39)が10日までに、首都モンロビアで共同通信との単独インタビューに応じ「暴力は何も解決しない。対話で解決できない紛争はない」と述べ、平和達成に向けた「非暴力の闘い」の重要性や女性の社会参加の必要性を強調した。8日の同国大統領選決選投票をめぐる政情や治安の悪化に懸念を表明、暴力抑制を呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信