外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1964年の東京五輪バレーボール女子で金メダルを獲得し、「東洋の魔女」と呼ばれた日本代表で主将だった中村(旧姓河西)昌枝さんが3日午前0時半、脳出血のため東京都内の病院で死去した。80歳。山梨県出身。山梨・巨摩高から日紡足利を経て日紡貝塚入り。日本代表と両方で故大松博文監督の指導を受けた。61年の欧州遠征で日紡貝塚が快進撃し「東洋の魔女」の異名が生まれた。引退後はママさんバレーの普及、発展に尽力した。

共同通信