外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国連総会のイェレミッチ議長(セルビア)は5日、東京都内で共同通信の単独インタビューに応じ「核兵器のない世界を諦めるべきではない」と述べ、核廃絶への努力を訴えた。議長は6日、広島の平和記念式典に出席する。国連議長は、潘基文・国連事務総長に次ぐ国連の顔で、核廃絶へ向けたメッセージには重みがある。イェレミッチ氏は「広島での原爆投下が人々に与えた苦しみを忘れてはいけない」と語った。

共同通信