外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察庁は28日、実在の人物を装ってメールを送り付け、添付したファイルに仕込まれたコンピューターウイルスに感染させて情報を抜き取る「標的型メール」を昨年1年間に1009件把握したと明らかにした。複数回メールをやりとりし、相手を信用させた上で標的型メールを送信する新たな手口も確認された。対策ソフトが検知できないよう加工したウイルスも目立ち、警察庁の担当者は「巧妙化が進んでいる」と注意を呼び掛けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信