外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が高収入の一部専門職を残業代支払いなど労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」創設を盛り込んだ労働基準法改正案を修正する方針であることが11日、分かった。不十分との懸念がある健康確保措置を強化する。これとは別に今秋の臨時国会に、残業の上限規制を柱とした働き方改革関連法案を提出し一括で成立を目指す考え。ただ、野党や過労死遺族は「残業代ゼロ」「改革と矛盾する」と反発、臨時国会の焦点になりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信