外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は14日、東京電力福島第1原発事故で自主的に避難している人への支援策として、母親と子どもが父親と離れて暮らす「母子避難」の世帯を、高速道路料金無料化の対象に加える方針を固めた。妊婦も対象にする。交通費の負担を軽減し、健康不安から二重生活を強いられている家族が一緒に過ごす機会を増やす狙いがある。復興庁や国土交通省が開始時期を調整している。15日に公表する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信